その仕事は「強みが活かされている」のか?

今日は就職活動時に知り合った親友とランチ。なぜか急に「ちょっと会いたいんやけど」と誘われて、こんな風に突然誘われることはあまりなかったので、喜んで行ってきた。

私と同じ年なのに、2人の娘も大きなおうちもめっちゃステキな旦那さんもいる彼女は今日もキレイで、見た感じ「あっ…セレブママってこういう感じの人を言うんやな」という感じ。隣の私は長靴でリュックサックを背負った小学生みたいな感じできっと相変わらず。

ちなみに写真はエッフェル塔がついたハンカチをプレゼントして頂いた(うちの照明がオレンジ過ぎてうまく撮れなくてごめん)。フランスからの帰国子女でフランス大好きな彼女が「使う度に思い出して♡」と。………可愛すぎる。
 
置かれている環境は全く違うけれど、悩んでいることは二人ともよく似ていて、あまり人に話をしてもわかってもらえない悩みを共有できることがお互い嬉しくて、とりあえず月に1度の定例会をしばらく持てることになりそうでこれからが楽しみになったランチだった。

そんな私たちが話した内容と思い出したある言葉を少し………

「なんでもできます」は不利である

私は子どもの頃から、常に平均点以上をとるのが上手で何をやってもうまくできる優等生で、それは大人になっても変わらず、割となんでも平均以上にできる。「自慢か?」と思われそうだけど、実はこれが今わたしの一番の悩みの種になっている。
 
先日、ある人に言われた。
「なんでもできます」というのはあまり口にしない方がいい。

この言葉の意味を私は「得意なことが何もないと思われるからですよね?」と受け取ったけれど、その真意としては、

何を任せても器用にできたら、本当は好きじゃないことまで任されてしまう。でも全部器用にこなしてしまうから、周りからは「好きなのかな?」「得意なのかな?」と思われてしまう可能性がある。それは、結果的に自分で自分の「好き」や「得意」を潰していることになるから
 
そんな風に考えたことがなかったので、「斬新ー!」と思ったのだけれど、確かにそうだ。

「好き」や「強み」が活かされているのか?

私には「好きなもの」や「趣味」がない。好きになっても平均点がとれると思ったらもうそこには私の興味をそそるものがなくなってしまう。でも仕事だけはどれだけやっても平均点がないから好きなんだけど。
 
ただ、「フリーで働いていくなら強みや専門と言えるものがないと、自分の価値をあげにくい」とも言われた。これを受けて、このままではいけないなと思っていたところ、今日彼女から聞かれた質問が「陽子は、今やっている仕事って、自分の強みが活かされていると思う?」というものだった。
 
即答で「うーん、活かされては…ないと思う」と答えて「えっ…即答だね笑」と笑われたけれど、「これをやれば世の中の役に立つんなじゃないか?」とか「これは私自信を持ってできるよ」と言えるものを自由にやらせてもらっているけれど、「一生これをやって生きて行きたい」と思うものとは少し違う。もちろん、どの仕事も全部好きだし、働くことに関しては誰よりも楽しんでいる自信はある。

でも「一生を捧げたい何か」そこが見つからない限り、私は次のステージにはいけない気がする。
  
ただ、今日彼女と話をしていて、「自分がやりたいことってこの辺なのかな?」と思うヒントに近いものは得た気がするので、もう少し探ってみたい。