サービス料金表:強みを収益化するデザイン

初心者向け:アクセス解析・分析で大事なことは比較すること

ブログ解析・分析で大事なことは比較すること

[chat face=”kaya-prof.jpg” name=”kaya” align=”left” border=”red” bg=”none” style=”maru”] こんばんは、ワーママの働くを「つらい」から「楽しい」に変えたい! 中小企業診断士 受験生の栢原陽子(@kaya_uni)です。

毎日ブログ更新を目指していたのですが、ちょっとサイトの内側を触っていたため更新が途切れてしまいましたが、また今日からコツコツ頑張りたいと思います。[/chat]

先日私が所属しているオンラインサロンでアクセス解析(分析)に関するセミナーが開催されたので行ってきました。先生は、山根ただしさんというWEBマーケティングを本業にされていて、企業のコンサルなどもされている方です。

山根ただし:LIFE-changing HACKS!

簡単にですが、学びを下記にまとめました!

大前提:必要なのはサイトの目的

[chat face=”tadashiyamane.jpg” name=”山根先生” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”] 例えば「猫カフェ」のお店をOPENしてチラシを作ることになったらどんな情報を載せますか? [/chat]

というところから話が始まりました。

チラシを作るなら

  • お店の住所や連絡先
  • 営業時間
  • どんな猫がいるのか
  • どんな飲み物があるのか
  • オススメポイント

などを載せますよね?

山根先生曰く、
[chat face=”tadashiyamane.jpg” name=”山根先生” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]そのチラシを作るのとサイトを作るのとは同じこと。[/chat]

ブログやサイトの目的があって、読者にその目的を達成してもらうため(猫カフェのフライヤーなら来店してもらうため)に、情報発信が必要ということです。

まず、大前提やっぱり大切なのは何のためのサイト・ブログなのか、ということなんですね。

[chat face=”kaya-prof.jpg” name=”kaya” align=”left” border=”red” bg=”none” style=”maru”] 私の場合、中小企業診断士を目指しており、WEBサイトは私を見つけてもらいどんな人物かを知って興味を持ってもらうきっかけにしたいと思っています。

1ヶ月前にはサイトの目的がぼんやりしていましたが、この1ヶ月間で、“ワーママの働くを「つらい」から「楽しい」へ”という方向性が決まりました [/chat]

ただそれではサイトの目的としてはまだ足りないよう。

具体的にはどういうアクションをとってもらうかGOAL設定を

サイト運営においては、読者にどういうアクションをとって欲しいのか、というGOALを設定しておいた方がサイトを有効活用できます。

例えば一般的によく見るGOALは下記のようなもの

  • 商品を購入してもらう
  • メルマガに登録してもらう
  • 会員登録してもらう
[chat face=”kaya-prof.jpg” name=”kaya” align=”left” border=”red” bg=”none” style=”maru”] 私は中小企業診断士としてコンサル、講演や執筆のお仕事をいただくツールにしたいと思っていたのですが、まだ合格していない現段階お問い合わせフォームがあるわけでもなく、何か売りたい商品があるわけでもなく、明確なGOALを設定していませんでした [/chat]

本来、人を集める、来てもらうというのは手段であって、何かアクションをしてもらうという目的なはずですが、人に来てもらうことが目的になってしまっていました。

現在の私にはGOALがないので、まずはそれを設定をする、という課題ができました。

現段階で商品がない私でも売れるもの

自分のサイトに関してはもう少し「目的」を明確にして更新する必要があるなと思っていますが、例えば商品を持っていない私にも売れるものはたくさんあります。

  • オススメの本を売る
  • noteの有料販売で何か知識を売る
  • 自分のサービスを売る(山根さんはコンサルをされています)
  • アフィリエイト
  • adsense

あくまでも私は「自分のことを知ってもらって仕事につなげたい」という希望があるので、あまり広告をたくさん貼るのは良くないため、上の3つが候補かなと考えており、現段階では試験勉強もあるため、上の2つをやってみようと思っています。

分析で大事なのは比較すること

今回私が参加して持って帰った一番大きなことは
[chat face=”tadashiyamane.jpg” name=”山根先生” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”] 分析で大事なのは比較すること [/chat] という言葉。

私も分析は好きな方なのでGoogleAnalyticsはいつも見ているのですが、最近は「今日は増えた、減った」の結果を見るだけになってしまっていました。

大事なのは1週間前、1ヶ月前の自分と比べてどうなのか、を見ること。

1ヶ月1000PVだったとしても先月が100PVだったらすごい結果だし、前月が1万PVだったら反省すべき結果です。

今だけを見るのではなく、比較して見る習慣をつけようと思いました。

比較のコツ:施策を行った前後で分母の人数を揃える

  • ボタンの位置を変える
  • デザインを変える

など、何か施策をとった時にどのくらいの期間で結果を確認したら良いですか?

という質問に対して、

[chat face=”tadashiyamane.jpg” name=”山根先生” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”] ユーザー1000人を目安にするといいと思います。

施策をうつ前の1000人と、うった後の1000人とで比較する。分母を日数ではなく人数で揃えたらいいと思います。[/chat] と教えてくれました。

今までにも比較表を見たこともありましたが、日数を揃えて見ることしかしてこなかったので、これは新しい発想でした。

[box04 title=”今日の学び”]
  • サイトの目的・GOALをしっかり持っておく
  • 分析の基本は比較
  • 比較する時には日数ではなく分母の人数を揃える
[/box04]