ちょっと成長

意識で人は変わらない。自分を変えるために気をつけていること2つ

はあちゅうサロンに入った理由

今年、私は自分の置き場所をいろいろと変えてみている。

その1つが、2月から始めた中小企業診断士の勉強であり、4月から入ったオンラインサロンの「はあちゅうサロン」。月額9800円だよ、高いよ。

勉強しようと思ったのには理由があるけれど、オンラインサロンに入ろうと思ったのは深い理由はなく「あれ?こんなの始まったんだ」と思った程度で運良く入会できた。

ただ、ばかと煙並に上昇志向はあるほうで、日頃から意識していることが2つあり、それらが影響しあって「入ってみよう」と思わせたんだと思う。

一緒にいる5人を慎重に選ぶ

昔何かで「人は周囲の5人の平均になる」と読んだことがある。

美人の友達と過ごせば自然と美人になり、太った友達と過ごせば自然と太ってくる。これは有名な話だろうけど、先日会議でこの話になり私も改めて意識しようと思った。会議では、「人は変わろうと思って変われるものじゃない。でも一緒にいる人を変えれば変わる」という話になっていた。

私の場合、1人は旦那さん、1人は息子(0歳)、1人は仕事のパートナー。あと2人は…というと、これと言って思い浮かぶ相手がいなかった。会社に後輩はいるけれど、そんなに一緒にいるわけでもないし、私の方が立場も年齢も上で刺激はもらえど「こうなりたい」と思えるわけではないので、もう少し新しい刺激が欲しいけれど、0歳児がいて夜は出られないのでどうしようかなと考えていた時だった。

Twitterではあちゅうさんが↓と呟いていたことがあって。

「ネットという手も有りか」と思い、残りの2人をネットに求めてみることにした。

定期的に新人になる

これは東大の教授が言われていた話だったと思うけれど

長い目で見たときに定期的にキャリアを変えて新人になった方が良い

という話をされていた。

同じ場所に居続けることは、メリットもあるだろうけれど、慣れや手抜きが生まれるなどデメリットも多い。

私も、飽きっぽい方だということもあるけれど、3年3ヶ月働いた時「あれ?私、来年もこの仕事しながら同じメンバーでランチしてるのかも?!」と考えた時に怖くなって会社をやめて、海外に飛んだ。

その後、帰国してからライターとしてキャリアを積み、その後以前の会社に戻り、新人教育やWEBのディレクターをしながら現在に至るが、そろそろ3年になる。その間、妊娠出産があったけれど、産休育休はなかったので、もう5年くらい働いた気がしていて、そろそろ新しい場所に飛び込まなければいけない気もしている。

そこは意識高い系の縮図でした

そんな2つの意識から、私のアンテナが「なんか面白そう」とピコピコ反応したので入会することにした。

いざ入ってみて約2週間ほどだけど、「私もがんばろ」と思えることもあり、ほかのメンバーのすごさに圧倒されて「私なんてまだまだ…」と思うこともあるけれど、メンバーは本当に行動も早いしエネルギーもあって、このハイパー集団の刺激を受けているだけでも「世の中にはこんな人たちがいるんだな」の意識高い系の縮図が見れて楽しい。

実際、オンラインサロンに入会してから、頭の使い方や自分の意識は変わった気がしている。イイ意味で「私なんて」と思えるようになり、慎重さや他人の目よりも、まずは発信する量を増やすことに意識が向けられるようになった。

そして何より、「あっ…私、変わったかも」と思ったのが、本日の仕事のパートナーとのランチの話題が今までは仕事の打ち合わせや相談や雑談だったのに、今日からいきなり「マルクスの資本主義・GDPの決まり方」になったこと。どんな話題にも乗ってくれるパートナーもそれはそれですごい。