UNIBRAND

フリーランスとして、ママとして、自分らしい生き方を探す日々|栢原陽子

書くこと

情報の価値は受け手が決める

投稿日:

高尾先生と

世の中にはたくさんの言葉が溢れているけれど、各言葉や情報には「伝える価値」の違いがある、そう思っていた。例えば地震が起きた時の速報は誰にとっても価値の高い情報であり、日曜日の昼間にやってるような芸能人がお散歩して温泉に入っている情報は一部の人を除いて価値は低い。(お昼にやっている「やってトーライ」は録画して見るほど好きだけれど)

この視点で見ると、レポートのお仕事は伝えるべきものが明確にあり、依頼してくれる人、求めてくれる人のいる価値の高い情報と言える。私もその重要性はわかっているから、レポートのお仕事をいただいた時にはいつも言葉にできない空間や雰囲気、想いをなんとか言葉にすることにこだわってきた。
  
 
昨日、いつもお仕事でお世話になっている産婦人科医の高尾美穂先生と、お仕事仲間のゆうきさんと3人でごはんを食べに行って率直に言われた。

「kayaちゃんの渾身の作、別に普通だったよ!」と。
(渾身の作:“想い”は選ばれた言葉によってカタチになる

グサッときた。結構想いを込めて書いたし、何より表現のレベルが上がったことを確信した作品だったから。(自己満足だけれど)

でも、その後続けて「あれより、いっつも書いてるブログのほうが面白い」と言ってもらった。一緒にいたお仕事仲間のゆうきさんも「俺もそう思った」と言っていた。
 
 
渾身の作を「普通」と言われてしまったことは衝撃だったけれど、誰にともなく書いているこのブログを好きだと言ってもらえたことは小さな自信になった。

情報の価値は受け手が決めることなんだろう。

レポートを喜んでくれる人、楽しんでくれる人がいる一方、なんでもないブログを好きだと言ってくれる人がいる。今は私が書いたものを通して、”温める”でも、”揺さぶる”でも、”ドキドキさせる”でもなんでもいいから、誰かの心が動いてくれることに意味があると思うし、それがイイ文章なんだと思う。
 
 
ちなみに高尾先生が好きだと言ってくれた記事はコレ。
>>言葉は人生を左右する
 
 

-書くこと

執筆者:

関連記事

東京のおしゃれバー

22歳だった私には27歳の上司はすごく大人に見えた

私が新卒で入社した会社では、それまで中途採用しかおこなっていなかったため、私たちが新卒1期生だった。私たちが入社するのとほぼ同時に役員として営業部長に27歳の男性が着任した。 法人営業の部署に採用され …

tn-tokyo1

“想い”は選ばれた言葉によってカタチになる

「好き」という気持ちを一生懸命伝えたくて、何度「好き」と伝えても、どれだけ大きな声で「好き」と伝えても、どれくらい相手のことを好きなのかを伝えることはできなくて、「買って欲しい」と思う商品やサービスを …

スターバックス@銀座

小説を読むことの価値を知った

「本を読んでる人は頭がイイ」「小説を読めば想像力が養われて人の気持ちの理解力が深まる」など本を読むメリットはいろいろ言われているけれど、今まで出会った中で1番しっくり来たのは、 気持ちを正確に伝えるた …

自由の女神

今、恋に落ちる、そのために必要な時間。

今って何秒か知ってる? 何気なく口にした言葉に対して “今”は測れないし、時間は決まって無い! ”い”って言い始めてから”ま”って言い終わるまでに時間が経ってるし、 …

tullysatRoppongi

行き場のない言葉たち

言葉が彷徨い続ける、私の中で。生まれても消えることもできず、どこかに出ていくでもなく、ただただ、出口を探し、他の言葉にぶつかってはまた押し出されるようにして私の中で強まったり弱まったりと彷徨い続ける。 …