UNIBRAND

フリーランスとして、ママとして、自分らしい生き方を探す日々|栢原陽子

職業:ママ

子どもを産んでから一番変わったことってなんですか?

投稿日:

「子どもを産んでから一番変わったことってなんですか?」

と先日後輩に聞かれて一番に答えたのは「時間がなくなった!」だったけど、その次に思いついたのは「一瞬一瞬がすごく大切になった」だった。
 
 
まだ米太郎は生後3ヶ月だけれど、生まれたあの日を思い返してみると、体重は2倍以上になったし身長も10cm以上大きくなったし顔つきも変わったしおっぱいも上手に飲めるようになったし、オムツにおさまりきらないほどのうんちをするようになった………。

でもまだ首もしっかりとは座っていないし寝返りもお座りもできない。その「できない時間」なんて長い一生を考えると本当に一瞬で、今、この瞬間が愛おしくてたまらない。そんな風に過ごしていると1日なんてあっという間で本当に時間がない。

という、話ではない。
 
 
もちろんそんな気持ちも十分にあるけれど、それよりも「一瞬一瞬の感動を共有したい相手がここにいる」ということが「時間がなくなった」の原因のように思う。

朝起きて窓を開けてベランダに出る。朝の空気や風が気持ちいいと米太郎を呼びに行って「これが朝だよ。あれが太陽だよ。これからみんなお仕事にでかけるんだよ」と教えたくなる。

夕方洗濯物を取り込もうと思い外に目をやると夕日がキレイでまた米太郎を呼びに行って「見て見て!夕日がキレイ!」と見せたくなる。

ただ当の本人はもちろん夕日になんて興味がなくて、なぜかいつも物干しざおの先を見つめて2人の鑑賞タイムは終わる。それでも私はあきらめない。

こんな風に私の感動をいちいち米太郎にシェアしていると、本当に毎日が一瞬で通り過ぎていく。
 
 
あっという間に過ぎ去る毎日の中で、気づいた時には米太郎はまた少し大きくなっていて、できないことは少しずつ減っていく。そして「あっ…もうあの”できない”は味わえないのね」と、私の中に嬉しさと寂しさが同居する。

-職業:ママ

執筆者:

関連記事

私をママにしてくれて、ありがとう。

私をママにしてくれて、ありがとう。

2017年10月6日(金)14:11 元気な男の子を出産しました。 旦那さんの奇行や分娩室の準備が間に合ってないなど予想外の面白いこともたくさんあった出産でしたが、痛いよりも「いい経験をさせてもらいま …

風邪ひき米太郎

母とのつながりよりも保育士さんが好きな息子の話

米太郎が4月6日にやっとこさ、生後半年を迎えました。 と思ったら、日曜日の夜から体調を崩し、昨日の朝には初の発熱をし、寝る前は38.0だった熱が朝方には38.5度になり、保育園を休んで病院に連れて行き …

ママ成長記

私と米太郎のおっぱい戦争〜いつか願いが叶いますように〜

息子、米太郎(以下、コメ)は最初全く上手におっぱいが飲めずそれはそれは大変な日々でした。 授乳ができない、その理由は双方にあったように思います。コメはまだうまく「吸う」ができず、供給する側の私は子ども …

米太郎と桜

入園を機に気づく命の確かさと親心と

新年度を迎え、新しい気持ちで今日を迎えた人も多いのではないでしょうか? 私も今日は米太郎の保育園の「おめでとうの会」があり、旦那さんが希望していた部署に異動が決まり、家族みんなにとって門出の日でした。 …

赤ちゃんの手 

子どもから学んだ、当たり前に「お母さん」の存在

  出産から1ヶ月が経ちました。 1ヶ月前に壊れそうなほど小さくて繊細に見えていた命は、少しずつ少しずつ大きくなっています。 家族が増えてからの毎日は想像していたよりもずっとずっと大変だけれど、毎日が …