カテゴリー: 思い出と妄想と

思い出と妄想と
田舎の夕日

彼がいなくなった世界で

「思い描く世界を形にして、自己満足だと言われてもいいから認めてもらいたいんだ。だから俺は映画を撮りたい。」 出会った時からずっと、彼は映画監督になりたいと言っていた。映画なんて話題作くらいしか見に行か...