UNIBRAND

フリーランスとして、ママとして、自分をブランドにする生き方|栢原陽子

ちょっと成長

やりたいこと、やるべきことに迷ったら知っておきたい言葉

投稿日:2015-09-14 更新日:

20150914-02

長い人生を生きていると途中で「このままでいいのかな?」と思うことがある。子どもの頃には、どれだけ遊び回っていても、「これって自分の人生に意味があるのか?!」と考えることなんてなかったけれど、大人になるにつれて、何に時間を使うかをすごく考えるようになった。それは「残りの時間」を計算し始めたから、「残された時間」が視野に見えてきたからだと思う。

私が「これって意味があるのか?」を考え始めたのは割と早くて23歳の頃には「自分が生まれた意味」を考えていたので、考えなくて良いようなことまでムダに考えてしまいがちになった気がする。

やるからには「好きなことをして誰かの役に立ちたい」と思うけれど、「好きなこと」もわからなければ「何をしたら誰の役に立てるのかわからない」という時もあって、そんなふらふらしていた時に言われたのがコレ。

世の中の仕事には3つある。

20150914

世の中の仕事には3つある。
・好きなこと、やりたいこと
・できること
・求められていること

この3つが重なる場所は、「好きなことをやってお金が稼げて、それが世の中からも求められ必要とされる」場所。そんな仕事ができたら最高だけど、若いうちからそんなにうまくいくことはなかなかない。

好きなことが得意でもそれが世の中から求められていなければやる意味はないし、世の中から求められていることで「やりたい」と思うことであってもスキルとしてできなければこれまた意味がない。

私の場合「自分が何が好きか」ということはあまり考えずに生きてきたので「全てを捨ててもこれが好き!」と言えるようなものはなくて、これからどうしようかと迷うことも多い。野球観戦に行った時によく見る「仕事とかどうでもイイくらい野球が好きで、ビール飲みながら野球観戦のためなら1週間の仕事を乗り切れる」というタイプのおじさんをちょっと羨ましく思ったりもする。

そんな悶々としている時に言われた。

わからないならわかることを選ぶ

好きなことがないなら、できることと、求められていることが合致する場所でがんばるしかない

すごくごもっともで、無理に「何が好きなんだろう」と考えたところでわかるわけでもないし、「やりたくない」と思う仕事はあるけれど、そういった仕事は避けながら、できることを一生懸命やっていたら気づいたらステージが上がっていることはよくある。

それからもう1つ、言われた。

考えるのと動くのと、どちらが建設的か

あれこれ考える時間があるってことは暇ってこと

これまた、すごくすごくごもっともで、仕事で24時間使っている時には「これからの自分」なんて考える暇がなくてただただ忙しい。そのくらい頑張っている時の方がしんどいけれど居心地は良くて、「自分の好きなことは何なの?」とかつまらないことを頭が勝手に考え始めている時には、仕事が落ち着いている時が多い。
 
 
ということで、「何が好きかわからない」「何ができるかわからない」「この仕事に向いているのかわからない」と嘆く前に、与えられた仕事に120%向き合ってみる方が建設的だと思う。

と、朝から大きなチョコパンをかじりながら、今の自分に言い聞かせた。

今日のお店→ANTIQUE (アンティーク 銀座本店)
20150914-1
20150914-3
 
とりあえず、とにかく大きい。フリスビーかと思ってしまう大きさ。

-ちょっと成長

執筆者:

関連記事

海

運命の神様に本気度を試されている

人生は思いがけないことの連続だ。 仕事でもプライベートでも予定通りや想定内に行くことなんてまずない。 どれだけ準備をして挑んだことだってギリギリのところや途中で必ずハプニングが起きる。次の時には改善し …

ばんごはん

“大人になる”は可能性の質を変えることへの挑戦

(週末の晩ごはん♡) つい先日 kayaちゃんは大人になったら何になりたいん? と聞かれた。 「大きくなったら」だったか「将来は」だったか忘れたが、そんなニュアンスのことを聞かれた。「文章を書いて生き …

秋田:田沢湖

“幸せ”とは”人生に訪れて良かった”と思える瞬間のこと

気づいたら1週間くらいブログ書いてないけれど、この1週間は本当に怒濤の1週間だった。 この夏、True Nature TOKYOにレポーターとして参加した時に主催者に「次、秋田やるんですよね? 秋田行 …

中目黒の桜

「普通じゃないこと」を「普通」になるまで続けてみる

いつからか、何かひとつのことを長く続けるのが苦手になった。 子供の頃は将来の可能性や自分の得手不得手なんて関係なく、親にやれと言われた書道を毎日続けて、始めてから3年後には県で1番の賞を頂くほどになっ …

酒造さんとRyuさんと

初めて出会った時の、あなたの年齢になりました

大好きなオハナスマイルのみんなに誕生日のお祝いをしてもらった。こういうの恥ずかしすぎて苦手なので避けてきたのにこんな写真まで撮ってもらって嬉しいのでご報告。   ——&#821 …