後輩に贈る仕事哲学

リーダーという立場になって離れて、ふと思うこと

リーダーという立場になって離れて、ふと思うこと

先日、5年前くらいまで一緒に働いていた先輩と、先輩なのか同期なのか友達なのかわからない人生の先輩と3人でランチに行った。

私は、24歳の頃にヨガのメディアを運営している会社に入った。あれから…早…何年?10年弱?が経って、私は7月31日までヨガの講座の企画運営をする「企画部」という部署のリーダーをさせてもらっていた。

  • みんなが働きやすい仕組みや制度を作ること
  • 売上○%

この2つにコミットしてやってきて、私がリーダーをしている間は不平不満で辞める人はおらず、売上も無事達成し万々歳で幕を閉じた。

と言えるかどうかは、よくわからない。
 
 
私は器用な方ではないので、スタッフの子が「やる」と言ったのにできていない時にはそれはそれはイライラしたし、感情は表に出てしまうしで、一緒に働いていたみんなも大変だっただろうと思う。それでも、リーダーをやって行く上で1つ決めてたことは、嫌われてもいいから、怖いとビビられてもいいから、私は「仕事において正しいと思うことをしよう」ということだった。

個人的にはスタッフへの好き度は違うし、できるならみんなと仲良しでいたいけれど、仲良しでいることで遠慮して何も言わないことや、機嫌をとって「大変だもんね、やらなくてもいいよ」と言うのは違う気がした。

私の好き嫌いやみんなと仲良くしたい、の甘さから、売上が達成できないのは本気で仕事しているスタッフに失礼だと思った。結果、今、私のことを苦手、怖いと思ってるスタッフはたくさんいるだろうなと思う。
 
 
でも、私は、自分のダメなところをちゃんと叱ってくれた人たちを思い出すと、今となっては感謝のほうが大きい。

私が、この会社に入社した時、1人だけ女性の先輩がいた。それが、述べた一緒にごはんを食べに行った先輩。年齢も私より上で、私はよく注意された。仕事の内容というより、社会人としてのマナーとか礼儀とかそういう点で「kayaちゃん!!!!」とよく捕まった。若かった私は、それに対して後からこっそりブーブー文句を垂れた。若かったなと思う。

ダメなところを指摘するのは、やらなくていいならやりたくない仕事だ。だって嫌われるし、怖がられるし、相手にイヤな想いをさせるし。できるなら、和気あいあいと仲良く仕事をしていたい。だからこそ、ダメな私をきちんと叱ってくれた存在は本当にありがたく、この人には一生、頭が上がらないと思う1人だと、久しぶりに会って、今だからこそそう思える。
 
 
私は、自分がみんなにとってそんな存在になれたとは思わないけれど、いつか振り返った時、「あれはあれでイイ経験だった」と思ってもらえるような時間が過ごせていたらいいなと思う。