UNIBRAND

フリーランスとして、ママとして、自分をブランドにする生き方|栢原陽子

仕事哲学

“本気”が叶わないのはできない理由を用意しているから

投稿日:2017-01-05 更新日:

年末、師匠とWEBチームのリーダーと3人で飲み会に行った。

そこで「おれはおまえらと仕事がしたいんや」と言ってもらったので、「でもほかにもすごい人、周りにいっぱいいますよね? なんで私なんですか?」と聞くと「なんで友達と仕事せなあかんの? 俺はおまえらとやるのが面白いと思ってるし、俺と同じ能力を持ってるやつはいらんの笑」と言われた。

私は「文章力ですか??文章力ですか?それって私の文章力を褒めてますよね?さぁこい!!!!」と思っていると、「俺が欲しいのはkayaのコミット力と…」と言われた。

はっ…?なんすか、それ?私、そこですか?と思いつつもちょっと嬉しかった。
 
 
私は「”心底やりたいと思ったこと”でできないことはそうそうない」と思っている。

それは、何度失敗してもできるまでやめない根性があるから。そのおかげで誰から見ても遠回りな道をもう地球何十周もするくらい繰り返してきたので、同年代の子と比べても「無駄なこと」「仕事のこと」「それを考えた時間」の経験値は圧倒的に多いと思う。

仕事をしていても「打つ手がなくなる」ということはほとんどないし、物事に対して「判断しかねる」ということもほぼない。

例えば仕事に関しては、師匠の意見と違った判断をしていたとしても「こういう意図があります」と言えば、「一理ある」と言ってもらえるくらいの仕事の質は出せるようになってきたと思う。(ただし、人としての成長に関しては「あまいなー」「まだまだやな」「だからおまえは…」と言われることの方が多い)
 
 
私が思うに、本当にやりたいと思っていることができない理由は3つ。

1つは、タイムリミットが短すぎるもの

例えば「明日までに1億円用意してきて」と言われても今すぐには無理だけど(師匠が「おまえならできる」と言ったら「あっ…できるんかも」と思って動き出してしまいそうで怖いけど)、「1年後までに1億円用意して」と言われたら、なんとかする方法がある気がする。

2つ目は、本当にやりたいことじゃないこと

例えば師匠が「俺がやりたい事業にどうしても1億円が必要だからなんとかして欲しい」と言われれば、尊敬する人の夢を叶えることに仕事の価値を見出してる私としては、駆けずり回ってでもその1億を用意する。

でも、単純に「1億円用意してきて」と言われて、その用途がわからなかったら私は本気でそれを叶えたいとは思わない。本当に心からやりたいと思えないことのためには動けない。

3つ目は、できない理由が用意してあるもの

できない理由なんて腐るほどある。どんな小さなコミットだって、「明日会社に行く」だって、できない理由は簡単で「風邪ひきました」「電車止まりました(無理がある)」とか、なんだっていい。できない理由を見つけることができれば、だいたいのことは叶わない。だから私は「できない理由」は絶対探さない。
  

  • 本当にやりたいこと
  • できると思えること
  • 「できない理由」を探せないほど本気になれるもの

この3つが揃ったならば、あとはもうやるかやらないか、しかないんだと思う。
 
 
師匠が褒めてくれた「コミット力」。私は今まで気がついたら、そうやって磨いて生きてきた。

-仕事哲学

執筆者:

関連記事

no image

周囲のレベルが自分のレベル

「時間がないから」「今日お休みなので」「ちょっと無理そうです」 と言って、みんな連絡してくる。まるでそう言えば私が全部なんでも代わりにやってくれると思っているかのように。 確かに私は誰に頼まれてもほと …

顔ヨガクラス

人目に止まる人とそうじゃない人の差は少しの気持ちの差

ヨガ業界に身を置いて早9年ほど。女性が多いこの世界は通常のビジネス業界とは少し異なり独特の過酷さがある。大きなイベントに出たい人、もっと名をあげたい人、純粋にヨガを伝えたい人、様々な想いがうずまき、ヨ …

中目黒DAYSで記念撮影

表だけでも裏だけでもイイ仕事はできない

「1人じゃないんだと思ってすごくすごく嬉しかった。」 今働いている業界で裏方として働きだして全部で4年ほど。悔しくて泣いたことや自分の力不足を痛感して泣いたことは何度もあるけれど、こう言われて今日初め …

フライドポテトとシャンパン

人から何かを教わるにはそれなりの覚悟が必要

本屋が好き。下手に美味しいお店に連れて行ってもらうよりも全然本屋が好き。悩みごとがあると本屋に行くし、悩んでなくても本屋に行ったら何時間でもそこに居られる。 先日、本屋に行って今年勉強したいと思ってい …

2013年頃の思い出

失敗した時に思い浮かべる相手が教えてくれること

   これまで企画者・プロデューサーとしていろんなイベントに携わらせてもらってきた。 参加されたかたが喜んでいる姿を見て嬉しくなり、お礼を言ってもらって感動したことは何度もある。そんな嬉しかった記憶は …