ちょっと成長

“幸せ”とは”人生に訪れて良かった”と思える瞬間のこと

秋田:田沢湖

気づいたら1週間くらいブログ書いてないけれど、この1週間は本当に怒濤の1週間だった。

この夏、True Nature TOKYOにレポーターとして参加した時に主催者に「次、秋田やるんですよね? 秋田行ったことないんですよねー。行きたいなー、行きたいなー」と言っていたら「ちゃんと写真撮るなら」ということで連れて行ってもらえることになった。

ということで先週末、秋田で開催されたTrueNature AKITAにカメラマンとして連れて行ってもらい、初秋田で田沢湖の美しさに見とれながら初気球に乗って最高の思い出を作った。

#秋田 #田沢湖 #暑すぎ #日差し #半端ない #焦げた #火傷レベル #安静に

A photo posted by 栢原 陽子 (@kaya_yg) on


 
 
>>True Nature Festival Lake TAZAWAのすべての写真はコチラ
 
 
が…テントの準備で日光にあたり、カメラマンとして走り回っていたので日光を避けきれず、「顔は焼きたくない!」との想いから常に太陽に対して背を向けていたらふくらはぎの後ろが真っ赤になって火傷のレベルに日焼けした。

加えて、初日の朝にヨガマット4本とアイスコーヒーとカメラを下げた状態で、本当に本当に低い段差から転げ落ちてしまってアスファルトで膝を擦りむいた。擦り傷と言っても、後日病院に行ったら「これ、骨に異常があってもおかしくない感じですけど…」と言われるほどのなかなかの怪我で未だにお風呂には入れないのでシャワーのみの大事故。

病院に行ってから出社したら、週明けから仕事でもプライベートでもいろんなことがあって、くたくたになった1週間だったので、昨日は一人ゆっくり「幸せとは何か?」について考えた。
 
 
好きな人と過ごす時間も、美味しいもの食べている時も、仕事で何かをやり遂げた時も、「楽しい」とか「嬉しい」と思うことはたくさんある。

でも「幸せ」はきっとそんなに特別なことじゃなくて、たわいもないことで好きな人が笑ってくれた時や、握った手をギュッと握ったら握り返してくれた時や、ただそこにいて同じものを見て同じものに感動して、同じ時間を過ごしていることなのかもしれない。「毎日いろんなことがあるけれど、今この瞬間が自分の人生に訪れて良かった」と、そう思えることなのかも?と思った。
 
 
ある人に言われた。

時間は有限だから、大事なのはどれだけ笑って過ごせるかだ

と。
 
 
例えば今、自分の人生に納得のいく選択肢が用意されていなかったとしても、1年後、3年後、5年後に振り返った時に、「今、この瞬間が訪れて良かった」そう思えるような選択をして、強く強く笑っていたい。